キャッシング即日・カードローンの利用人口

これまでキャッシングを一度も利用したことがないという方は、「消費者金融と言えば怖いもの」というイメージを持っているのではないでしょうか。

確かに消費者金融について良く知らない方は、一度借りてしまったら大変なことになるのでは…と思ってしまうかもしれません。ですが、実際に利用した方はキャッシングをしたことによって、お金がない問題を乗り越えることができたととても満足しているのです。

実は消費者金融を利用している方は非常に多く約1500万人と言われています。借り手の理由については生活維持費が足りなくなったためにキャッシングで賄っているという方がとても多く、そのほかには他のクレジットカード代金を支払うために利用したりしているようです。

その逆で、クレジットカードを使いすぎたことが原因で生活費が足りなくなってしまうケースもあります。 クレジットカードのショッピング機能を使ったことがあるという方はとても多いのではないでしょうか。

ですが、頻繁にショッピング機能使うとその月にどれくらい使ったかもよくわからなくなってしまい、結果的に翌月の支払い額がかなり増えてしまったということに悩んでいる方も多いようです。様々な出費が重なり、足りなくなった分をキャッシングでなんとかしているという方も珍しくありません。

毎月の生活費が足りず、ぎりぎりの生活をしているという方もいますよね。その時に、足りなくなった分をキャッシングで賄うというのは賢い使い方だといえるでしょう。

もちろん、常に生活費が足りない状態だからといって毎回キャッシングを利用すると借金がどんどん膨らんでしまいます。こういった使い方はおすすめできませんが、本当に困ったときに必要な金額だけを利用すれば自分でも知らない間に借金が膨らんでいたようなことはないでしょう。

多重債務にならないためにもしっかり計画を立てながらキャッシングを利用すればとても便利なものだと言えます。

キャッシング業者選びのポイント

キャッシングを利用するには、先に業者選びをしなければなりません。適当にキャッシング業者選びをしてしまって後から高い金利に悩むことにもなりかねないので注意が必要です。

キャッシングのサービスを行っている業者は非常に多いため、どの業者を選べばいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。人によって合っているキャッシング業者というのは違うので、自分に合っている業者を選ぶことが大切です。

キャッシング即日の会社を比較するためのポイントとして金利・返済方法・サービス・信用度など比べましょう。 いくら金利が低いとしても全く名前を聞いたことがないような業者は安心してお金を借りることができません。

また、自分にとって返しやすい返済方法が設定されていないところも避けておいた方がいいでしょう。 例えば、家の近くに銀行がないという人の場合はコンビニからでも手軽に返済できる業者を選ぶことが重要です。

振り込みで返済をする場合も手数料が無料か有料かというのは業者によって違います。1回あたりの手数料はそれほど気にならないかもしれませんが、毎月返済を続けることを考えると1年間でかなりの金額になりますよね。こういった細かい点もチェックしながら比較をしましょう。
常陽銀行

金利についてはほとんどのキャッシング業者で4%から20%程度を設定しています。それから、各業者によって独自のサービスなども行っているのですが、特に多いのが一定期間利息無料サービスです。

無利息の期間に返済をすることができれば実質無料でお金を借りることができます。とても嬉しいサービスではありますが、期間や利用方法は各社によって違うのでよく確認してから利用を始めましょう。

それから、安心して利用できる業者なのかという点も必ず確認しておきたいところです。残念ながらキャッシング業者の中にも悪質な業者は存在します。誤ってそういった業者を選んでしまうと、後から様々なトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意しなければなりません。

キャッシングのよくあるQ&A

キャッシングを利用するに当たり、疑問があるという方のためによくあるQ&Aをご紹介します。

専業主婦でも消費者金融が利用できるのか?という疑問も多いようですが、専業主婦が消費者金融からお金を借りることはできません。というのも消費者金融には総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の貸し付けができないからです。

専業主婦ということは本人に収入がないため、借り入れはできないということになります。この場合でも銀行からの借り入れは可能となるので、そちらを検討してみてはどうでしょうか。

それから、現在使っていない消費者金融のカードを持っていることが何らかのマイナスになるのか?と疑問に思っている方もいるはず。確かに消費者金融のカードは持っているけれども使っていないということであれば、特に問題はない気もしますよね。

ですが、使える枠のあるカードを持っているということは使う気になったらいつでも使えるということ。 この状態はローン審査などに悪影響を与えてしまうことも考えられるので使っていない消費者金融のカードがあるのならば解約をしましょう。カードの解約をした後、5年が経過すれば信用情報からも情報が消えます。

次に、消費者金融と銀行ではどちらの方が審査に取りやすいのか?という疑問についてですが、実際のところそれほど変わりはないのです。

昔は消費者金融の方が審査は甘いと言われていましたが、現在は多くの銀行が消費者金融と提携をしています。その際に消費者金融が審査を請け負っていることもあるため、審査基準は変わらないというケースも珍しくありません。

最後に配偶者が消費者金融を利用した場合に住宅ローンの審査に響くかどうかという疑問についてお答えします。

住宅ローンの審査では、申込者本人が審査の対象となるため、たとえ配偶者に消費者金融の利用経験があったとしても問題がありません。審査でポイントとなるのは申込者本人となるので安心しましょう。

このページの先頭へ