キャッシングの金利について

初めてキャッシングを利用する方は、金利について不安を感じていることが多いようです。 一般的に、貸金業者では数%~20%前後の金利を設定しており、いくらの金利が設定されるかというのはキャッシングの種類や限度額によっても違います。

また、保証人がいるか、担保が設定してあるかどうかによっても金利が変わってくるので、この点はよく確認しておかなければなりません。

金利は各業者が上限なしに勝手に決めて良いのかというとそうではなく、法律で上限が規定されています。 もしも、法律によって決められた上限金利を超えた金利を設定して貸し付けを行ってしまった場合、その業者が罰せられるだけでなく、契約自体をなかったことにできるのです。

金利は、利息制限法と出資法という2つの法律によって定められています。 利息制限法では上限が15%~20%となっており、これを超えて金利を設定した場合に超えた分の定めは法律上では無効という形になるのです。

また、出資法でも上下の金利が20%に設定されていて、これを破ってしまった場合には刑事罰の対象となります。

今は利息制限法と出資法のどちらも上限金利が20%となっているのですが、昔は異なる数字が設定されていたのです。

これにより、本来であれば民事上では無効な契約であるものの、刑事罰が課せられないという曖昧なゾーンの金利がありました。 これはグレーゾーン金利とも呼ばれていたのですが、グレーゾーン金利によって発生していたのが過払い金の問題です。

上限金利が統一されてからはグレーゾーン金利が撤廃される形となっているため、2010年6月以降に新たにキャッシングをした方の場合、過払い金などの心配はなくなっています。

金利がよく分からない、どうしても不安という方もいるかもしれません。 そういった場合は、契約をしようと思っているキャッシング業者に直接問い合わせをし、質問をしてみると良いでしょう。

自分が借り入れをした際には、その借り入れに対していくらの金利がかかるかというのを事前に理解しておけば、返済で不安になることもありませんよね。

このページの先頭へ